MENU
ハンドメイド

細部にこだわる: 極小ビーズを用いた洗練されたアクセサリー制作

目的

皆様、こんにちは!
私たちはこれまで、
マクラメアクセサリーの魅力とその作り方について一緒に学んできましたね。
今回は、少し趣向を変えて新たなアプローチを試みたいと思います。

ステンレスワイヤー、メタルパーツ、そして極小ビーズ。
これらを駆使して、繊細で洗練されたアクセサリー制作に挑戦します。
これらの素材は、わずかな違いが絶妙な個性を生み出し、
見る人の心を捉える力を持っています。

さらに魅力的なことに、
これらの極小ビーズは、ルビーやサファイア、エメラルドといった
通常は高価な天然石でも、その小ささから比較的手頃な価格で入手することが可能です。
これにより、贅沢な材料を用いたアクセサリー制作を、
より手軽に楽しむことができます。

小さなビーズ一つ一つにこだわりながら、
私たち自身のスタイルを表現する新しいアクセサリーを
一緒に、作り上げていきましょう。
絶えず学び、挑戦し、そして成長する。
それが私たちの旅のエッセンスです。

これからも一緒に、新しい発見と創造の旅を続けていきましょう。
ご参加を心からお待ちしています。

このブログで学べること

材料の紹介

  1. ステンレスワイヤー・・・ステンレス製のワイヤーにナイロンがコーティングされた素材。その為、丈夫で錆びにくく、アレルギーの心配が少ない素材。
    アクセサリーの芯となるコードとして使用。
  2. かしめ玉・・・これはワイヤーをしっかりと固定するための鍵となる金具です。これがあることで、あなたの作品は確実に形を保つことができます。
  3. U字金具・・・これはアクセサリーに高級感を与える小さな力強いツールです。主にワイヤーの始点や終点で使用し、金具周辺を整理し、スタイリッシュにまとめます。
  4. 極小天然石ビーズ・・・これらは繊細なデザインのアクセサリーを作るのに適した小さな宝石です。色や種類によって、あなたのデザインの幅は無限に広がります。
  5. メタルパーツ・・・デザイン性が高く、アクセサリーにアクセントを与えます。様々な材質、形状、サイズがあり、あなたの創造力を刺激します。
  6. 丸カン・カニカン、マンテル・・・これらはアクセサリーのつなぎ部分に使用され、留め具を取り付ける際にも重宝します。
    これらは鮮やかなデザインと多様なサイズが特徴です。
    確かに、大きめのものは少々力強い印象を与えるかもしれませんが、
    それは同時に着脱の簡便さという明確な利点に繋がります。
    これらの選択は製作者のデザインセンスと、
    最終的にアクセサリーを身に着ける人の好みのバランスを必要とします。
    アクセサリー作りは、このようなディテールにこだわることで、
    それぞれの作品に個性と深みを与えることができます。
  7. ニッパー・・・ワイヤーを切断するのに使う工具。
    アクセサリー制作に欠かせない存在です。
  8. 平ペンチ(フラットプライヤー)・・・主にかしめ玉を潰すのに使います。ペンチの両サイドが平らでなければ、かしめ玉が不均一になり、美しい仕上がりを損なう可能性があります。必ず平らなものを選びましょう。

どこで購入できるか?

素材の入手は意外と簡単です。
ステンレスワイヤー、かしめ玉、丸カン、カニカン、ニッパー、平ペンチなど、
基本的なアクセサリー制作用具は地元の手芸屋さん、ホームセンターや
100円ショップで手に入れることができます。

一方、特別な極小天然石ビーズやメタルパーツについては、
私たちの運営するネットショップ「天然石の詩」
または「PINKY」で購入できます。
繊細なデザインに一役買うこれらの素材を、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!
美しいアクセサリー作りの一助になれましたら幸いです。

実践

それでは実際に作品を作っていきましょう。
今回はブレスレットを作ってみたいと思います。

先ずは

  1. 構想を練る: 最初に何を作りたいかを明確にします。
    ピアス、ネックレス、ブレスレットなど、具体的な形状とスタイルを決めましょう。
    そして、使用する天然石ビーズの色や種類、メタルパーツの形状などを考えます。
  2. 素材を選ぶ: 構想に基づき、必要な素材を選びます。
    極小天然石ビーズ、メタルパーツ、ステンレスワイヤー、かしめ玉、
    U字金具などを選びます。
  3. アクセサリーを組み立てる: ステンレスワイヤーを基に、
    天然石ビーズとメタルパーツを組み合わせていきます。
    必要に応じて丸カンやカニカンでパーツをつなげ、かしめ玉やU字金具で留めます。
  4. 仕上げ: ニッパーや平ペンチを使って、ワイヤーやかしめ玉を整えます。
    全体のバランスを確認しながら、最終的な調整を行います。
  5. チェックと修正: 作成したアクセサリーを詳細にチェックします。
    不自然な部分や改善点がないかを確認し、必要に応じて修正を行います。
  6. 完成: 美しいアクセサリーが完成しました!
    これであなただけのオリジナルアクセサリーを作ることができました。
    自分だけのデザインを楽しんだり、大切な人へのプレゼントにしたりしてくださいね。

完成品の紹介

まとめ

小さなビーズで繊細なアクセサリー制作、
いかがでしたでしょうか?

バリエーションも増えるのではないかと思いますよ!

動画でご紹介