MENU
エルトンジョン

故郷は心の慰め 日本語と解説 エルトンジョン 生粋のカントリーラブソング Country Comfort

目次

  • Country Comfortって、どんな歌?
  • Country Comfort オリジナル歌詞
  • 故郷は心の慰め 日本語意訳
  • 故郷は心の慰め 解説

Country Comfortってどんな歌?

クリちゃん

この歌はね、
久しぶりに田舎に帰って、
しみじみと生まれ故郷はいいなぁと歌う作品だよ!

ローズちゃん

何それ?
日本でお盆に田舎に帰るみたいな歌じゃない!

クリちゃん

まさにそうなんだ!

ローズちゃん

エルトンジョンって、
ロックとか、ポップなんじゃないの!?

クリちゃん

それは後からついたイメージで、
本来はこういうテーマが多いんだよ!
実際この歌も、いろんな人がカバーしたり、
ライブで歌ったりしてるんだ!

ローズちゃん

へぇー!
じゃぁどんな歌か教えて!

しみじみと故郷に思いを馳せる歌
多くの説明はいらない日本人の心を描いたような歌

Country Comfort オリジナル歌詞

Soon the pines will be falling everywhere
Village children fight each other for a share
And the 6:09 goes roaring past the creek
Deacon Lee prepares his sermon for next week

I saw Grandma yesterday down at the store
Well she’s really going fine for eighty four
Well she asked me if sometime I’d fix her barn
Poor old girl she needs a hand to run the farm 

And it’s good old country comfort in my bones
Just the sweetest sound my ears have ever known
Just an old-fashioned feeling fully-grown
Country comfort’s in a truck that’s going home 

Down at the well they got a new machine
The foreman says it cuts man-power by fifteen
Yeah but that ain’t natural well so old Clay would say
You see he’s a horse-drawn man until his dying day 

And it’s good old country comfort in my bones
Just the sweetest sound my ears have ever known
Just an old-fashioned feeling fully-grown
Country comfort’s in a truck that’s going home 

And it’s good old country comfort in my bones
Just the sweetest sound my ears have ever known
Just an old-fashioned feeling fully-grown
Country comfort’s in a truck that’s going home 

Now the old fat goose is flying cross the sticks
The hedgehog’s done in clay between the bricks
And the rocking chairs are creaking on the porch
Across the valley moves the herdsman with his torch 

And it’s good old country comfort in my bones
Just the sweetest sound my ears have ever known
Just an old-fashioned feeling fully-grown
Country comfort’s in a truck that’s going home 

故郷は心の慰め(日本語意訳)

まもなく松ぼっくりがそこら中に落ちだすと
村中の子供たちの争奪戦が始まる
6時9分の列車の
谷を越える轟音が響く

リー宣教師、来週の説法の準備
昨日、あの店で見慣れたお婆さんを見た
84才にしては本当に元気でやっている
彼女は僕に
時間があったら納戸を直しに来ておくれよと言う
老女の一人暮らし
農家の人手不足そのものだ

古き良き田舎の暮らし
僕のDNAに刻まれている
聴き慣れたカントリーサウンドが心地良い
ワビサビの感覚は全部ココで養われたのさ
ほら、田舎暮らしの心地良さを
一杯積んだトラックが家路に着く

井戸掘りで新しい機械が入って、
親方が15人の人員削減を示唆してるってさ
おい、何でも機械にすりゃいいってもんじゃねぇ!
泥まみれになって働いたご先祖様は言うだろう、、、
俺らは死ぬまで馬と働いたんだって、

古き良き田舎の暮らし
僕のDNAに刻まれている
聴き慣れたカントリーサウンドが心地良い
ワビサビの感覚は全部ココで養われたのさ
田舎暮らしの心地良さを荷台一杯積んだトラックが家路に着くよ

年老いて太ったガチョウが枝から枝へ飛んでいる
ハリネズミがブロック塀の横で丸まっている
ロッキングチェアはポーチでキュッキュとなり
谷の向こうでは牧夫のカンテラがちらついている

古き良き田舎の暮らし
僕のDNAに刻まれている
聴き慣れたカントリーサウンドが心地良い
ワビサビの感覚は全部ココで養われたのさ
田舎暮らしの心地良さを
荷台一杯積んだトラックが家路に着く

僕のDNAに刻まれている古き良き田舎の暮らし
聴き慣れたカントリーサウンドが心地良い
ワビサビの感覚は全部ココで養われたのさ
田舎暮らしの心地良さを
荷台一杯積んだトラックが家路に着くよ

Country Comfort 解説

田舎暮らしのスロータイムは
今も昔も変わらない
何だかあくせくしてるのを
ゆっくりペースに戻してくれる
そんな楽曲。

西部開拓時代のお爺さんたちが荒野を耕し、
家族を養い、村が出来、町になっていった。
そこには開拓魂が宿っている。
のどかなだけでなく、
人間の生きていく逞しさ、強さがベースにあって、
そして、静かなひと時の幸せ。

日本で例えると、
お盆や正月に帰省する感じかなぁ、、、
リピートコーラスの
「Country comfort’s in a truck that’s going home」の歌詞が
帰省の車の感じに聞こえる、
昔、スイカを冷やしてくれていたおばあちゃん、
釣りを教えてくれたおじいちゃんを思い出す
日本で言えば、そんな歌のような気がします。
下記のPVは日本の「心の故郷」って感じです

ローズちゃん

私、びっくりしちゃったわ!
これ、本当にエルトンジョンが歌ってる歌なの?
わたし、阿久悠とか、永六輔が書いたのかと思っちゃったわ!

クリちゃん

本当だね!
日本の歌と言っても思っちゃうくらい、
しっくりくるよね!

ローズちゃん

欧米の人がこれを聞いて良い!って思うってことは、
やっぱり基本みんな感覚は変わらないのね!

クリちゃん

本当だね!

ローズちゃん

何だか嬉しくなっちゃう!
で、田舎に帰りたくなっちゃった!